新型コロナウイルスの院内感染防止対策につきまして

当院では、患者さまに安心して矯正治療を受けていただくために新型コロナウイルスの院内感染防止対策を強化しております。

 

(従来より行っている院内感染対策)
・エプロン、コップ、術者のグローブの患者さまごとの交換
・治療器具は、ハンドピース含め全て患者さまごとに交換し完全滅菌
・診療台や操作パネル等の消毒液による清拭
・水消毒システムによる治療で使用する水の除菌
・スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒

 

(新型コロナウイルスの院内感染対策)
 当院は、換気の悪い密閉空間ではありません。また、一時に多数が集まる密集場所でもありません。ですが、新型コロナウイルスの危険な点は、感染力が強いこと、自覚症状のあまり無い感染者からの感染のリスクがあることと考えられます。その点から、当院では以下の2つのポイントを重要視しています。

1.感染疑いのある方の他者への接触回避
 これは最も重要なことであると考えます。
 37.5℃以上の発熱が続く方やだるさ、息苦しさがある方は受診をお控えいただき、アポイントを延期させていただきますのでご連絡ください。
 また、37.5℃未満の方でも、平熱より高い熱が続く、のどの痛み、せき、だるさ、息切れ、嗅覚味覚の違和感などの症状がある方は、ご相談をさせていただきたいのでお電話ください
 現状、ご来院された全ての方に受付にて手指の消毒、必要な場合の簡易検温をお願いしています。ご理解の程、お願い申し上げます。
 また、当院スタッフの体温測定、体調管理を徹底いたします。

2.自覚症状の無い感染者からの感染対策
 新型コロナウイルスの感染者にはほとんど自覚症状のない方もいらっしゃるようで、そのことがこの感染症対策を難しくしていると思われます。 
 最近、新型コロナウイルスに対しての新たな研究結果が発表されました。
『 アメリカ国立衛生研究所(NIH)のウイルス学者、ニルチュ・ファン・ドゥーラマーレン氏と、モンタナ州ハミルトンにあるロッキー・マウンテン研究所の研究チームは、SARS-CoV-2が様々な物質の表面でどれくらい生存できるのかを調べた。医学雑誌「New England Journal of Medicine」に掲載された研究結果によると、せきの飛まつで空中拡散した新型ウイルスは、最長で3時間生存できる。また、1~5マイクロメートル(人間の髪の毛の幅の30分の1)ほどの細かい飛まつは、空気中に数時間とどまることもあるという。つまり、フィルターのない空調設備で拡散される新型ウイルスは、最長で数時間しか生きられない。また、空気中にただよう「エアロゾル」状態のときに気流が動くと、飛まつは何らかの表面に素早く付着しがちだ。しかしNIHの研究では、段ボールに付着したSARS-CoV-2は最大24時間、プラスチックやステンレスの表面では2~3日間生存することも明らかになった。』 (BBC NEWSより)
 この研究結果を考慮し、当院ではウイルスが院内に侵入した場合を想定した対策を以下の通り行っています。

①空気中(エアロゾル)のウイルス対策
 ここで最も重要なのは換気です。当院の対策を以下にご説明いたします。
頻繁な換気

・過去にコロナウイルスへの効果が認められた空気清浄機(DUSKIN業務用)の稼働 
 シャープ、イオン放出によるコロナウイルス不活化を実証 (2004.07.29 日経メディカル)
『 シャープは7月27日、空気中にイオンを大量放出することによって、SARSコロナウイルスと同じコロナウイルス科に属するネココロナウイルスの不活化を実証したと発表した。ウイルス不活化を実現したのは、同社が「プラズマクラスターイオン技術」と呼ぶ方式で、空気中の酸素分子と水分子から生成したプラスとマイナスのイオンを空気中に大量放出するもの。放出されたイオンが浮遊カビ菌やウイルス、ダニアレルゲンなどの浮遊物質を取り囲み、化学反応によって不活化する。今回実施したネココロナウイルスに対する実証実験では、40分間以内に99.7%のウイルス不活化に成功したという。』
         
 2
 
 
②物質表面の付着(飛沫)ウイルス対策
 当院内に関わらず、ご自分の身を守るのに重要なことは、ウイルスのついた手で目、鼻、口などに触れる前に手洗い、手指消毒をすることです。
 そのため、当院といたしましては、院内に付着する(している)かもしれないウイルスに対しても全力の対策を行っています。
・前述したご来院者全員の手指消毒(アルコール消毒液、非アルコール消毒液)

・ドアノブ、取っ手、手すり、トイレをアルコールおよび次亜塩素酸ナトリウムで除菌

・全国の救急車、病院、ホテルなどで採用され、空間全体の各種ウイルス不活性化の報告のあるオゾン発生器の使用

(オゾンの効果について)

 世界初オゾンガスで新型コロナウイルスが無害化 1万分の1程度に (5/15 読売テレビ)
奈良県立医科大学は、オゾンガスを使った新型コロナウイルスの無害化を、世界で初めて確認したと発表した。
奈良県立医科大学矢野寿一教授「新型コロナに対しても不活化する能力を確認したのが世界初」
奈良県立医科大学の研究グループは、培養した新型コロナウイルスが入ったアクリルの箱の中で、オゾンガスを発生させる実験を行った。その結果、条件次第では感染力を持つウイルスの数が、1万分の1程度にまで減ったという。
現在、医療機関での消毒作業は手作業が中心となっていて、オゾンガスの活用で作業の負担軽減が期待される。矢野教授は「病棟や診察室での応用を期待している」と話している。研究グループは、実用化を目指し実験を続けるとしている。

 ヤクルト「オゾン脱臭機」設置(1/31日刊スポーツ
『 オゾンには安全にウイルスを除菌・分解できる効果がある。オゾン脱臭機は空気清浄器と違いドアやロッカーに付着したものも分解できるため、インフルエンザや結核対策として用いられる。新型コロナウイルスへの効果はまだ明確でないが、担当者は「インフルエンザ対策としての経験上、リスクを下げる効果はおそらくある」という。オゾン脱臭機は、東京管内の救急車約300台に搭載。中国武漢からチャーター機で帰国した体調の悪い人を搬送した救急車でも使用されたという。』
   
(オゾンの安全性について )
 オゾンには残留性が無く、酸素に戻って完全無害化されます。そのため、その効果や安全性の高さからオゾンは厚生労働省が定める食品添加物に認められています。ただし、酸化力が強いため、高濃度のオゾンに曝露されると身体への悪影響も懸念されます。
『 特定非営利活動法人日本オゾン協会(以下、日本オゾン協会)は独立行政法人国民生活センターからの要望を受け、安全で一定水準以上の品質を有するオゾン発生装置を消費者の方に供給することを目的として、2018年(平成30年)に「小型オゾン発生装置認定制度」を立ち上げ、運用しています。本制度は小型オゾン発生装置について、その製造事業所及び型式製品が日本オゾン協会の定める「小型オゾン発生装置製造事業所登録及び小型オゾン発生装置型式認定規程」に合致しているかどうかを審査し、認定するものです。日本オゾン協会のホームページには、一般消費者がいつでも確認出来るように認定を受けた製造事業者名(輸入業者も含む)、製品の型式、認定年月日、有効期間を掲載しています。』(独立行政法人 国民生活センターHPより)


(当院での使用機種)
 オーニット社製 エアフィーノVS-50S (日本オゾン協会認定)   
『 人感センサーでオゾン発生量を自動制御。安心してご使用頂けます。』(オーニット社HP)

*当院における本機の稼働は診療時間外のみといたしております。

 2 3